新着情報

◆2016/08/22
不動産売却にかかる税金の情報を更新しました。
◆2016/08/22
仲介手数料が無料になることもあるの情報を更新しました。
◆2016/08/22
不動産売却の仲介にかかる諸費用の情報を更新しました。
◆2016/08/22
仲介手数料にまつわる知っておいた方が良いことの情報を更新しました。
◆2016/08/18
企業概要を新規投稿しました。

不動産売却にかかる税金

uyfkufk
何かにつけて税金が課せられるのが日本であり、不動産売却にも課せられます。物件を売るのに不動産会社に査定を依頼し、売却してもらうための仲介契約をし、その手数料も売却価格によって変わるのに、税金まで支払わないといけません。意外にお金が掛かるものです。不動産売却に関して課せられる税金について知っておきましょう。

譲渡税が掛かる

不動産売却をして利益が出ると譲渡税が掛かります。譲渡所得に関して、所得税と住民税が課せられます。不動産会社に査定を行ってもらうときに、親切なところであれば査定価格に対して税金の説明を受けて、最終的に手元に残る金額を教えてくれることもあります。宅地建物取引士の説明もあることから、税金に対して「知らなかった」ということは少ないですが、譲渡税が掛かることは理解しておきましょう。
また売却予定の物件に住んでいる場合は居住用財産としてみなされ、特例で税金が軽減されます。この特例が譲渡税を軽くしますので、よく理解しておくことが大切です。

特例で節税を

居住用財産として3つの特例があります。3000万円の特別控除、10年を超える居住用財産の売却、買換え特例があります。特に3000万円の特別控除は住んでいた期間に関係なく提供されますので、多くの人に当てはまる特例になるでしょう。ここからが問題になることが多いです。住んでいた期間によって税率が変わってきます。
5年以下の場合は短期税率として30%、5年以上10年以下になれば長期税率の15%になりますので、かなり大きな軽減税率になることがわかるでしょう。このように知らないと大きく損をしてしまうのが譲渡税になります。不動産売却をする際は、当然宅地建物取引士が仲介しますので、このような話に及ぶことからそれほど問題になることは少ないですが、知らないと15%以上も損をする事態に巻き込まれる可能性もあるでしょう。

売却時期にかかわる問題になることも

jtdyd
短期税率と長期税率の差が違うことから、当然5年以上経過した方の税率を求めたいはずです。税務上、不動産を売却した日というのは、たとえ今日であったとしても、売った年の1月1日時点が基準になります。このような税務上の都合によって、売却時期を延ばした方が良いことも。売却期間を来年に延ばせば税金を少なくすることができることもあるでしょう。
ただし不動産というのは生きていますので、まんまとタイミングを逃してしまうことがあります。建物がどんなに良くても、災害が起きるだけでその価格が変動することもあります。結局先に売っていた方が、手元に残る金額大きかったということもあり得ますので、不動産会社とよく話し合あって売却期間を決めることが大切です。

不動産に関する消費税

不動産に関する消費税についても理解しておきましょう。税率が上がる可能性があり、不動産売却の価格が高くされば大きな負担になる可能性がありますので、消費税は要チェックです。土地の場合は非課税になりますが、建物の場合は課税対象になっています。ただし個人から建物を購入する場合は非課税になります。なお売却を行うときの不動産会社に対する仲介手数料は課税対象です。

売却だけではなく税金の知識も持っておこう

どこに行っても課税は付いてきますので、良くチェックしておきましょう。利益が出た場合は確定申告が必要になります。怠るようなことがあれば金額からして大変になることが予想されますので、必ず確認しておくことをおすすめします。